« レミーのレストラン 再び。 | トップページ | ビアホールへ »

2008.08.04

ぴょんぴょこぴょん。

ぴょんぴょこぴょんの店に初めてお越し下さった方に、うちが何屋か分かり辛いようで先日は「模型屋!?」と尋ねられました。(さすがに子年も半分を過ぎ、「ねずみ屋!?」と間違えられることは減りましたがそれでもたまにあります。。。)確かにうさぎの祇園祭が店内の大半を占めているのでそう思われても仕方ないかもしれませんが。ぴょんぴょこぴょんは趣味の店としてオープンし、当初は他に仕事をしていた事もあって時間の都合が付く時に営業していました。そんな頃から皆様のお蔭で5年と5ヵ月を迎えることができました。本当にありがとうございます。

「いつも一緒に時間を過ごせるうさぎ和雑貨」をコンセプトにしている当店。それは飾っておくだけではなく、それがあると自然と笑顔になれるようなうさぎ和雑貨をたくさんの人に使ってもらって、少しでも安らいだ気持ちになってほしいという願いです。和雑貨は人間が生きていく上で重要な衣食住の全てに関係するものなので、箱に入れてしまっておくようなものではなくいつも使うことができたり、常に目の届くところに飾っておけるものを集めたり作り出せるよう努めています。

うさぎは寂しいと死んでしまう…と言いますが、人だって寂しいと生きていけません。ぴょん吉は生まれてすぐにうさぎのぬいぐるみをもらい、そのうさぎたちは今も昔も変わらずぴょん吉の枕元にいて日常を見守ってくれています。どんなに自分は一人だと感じる出来事があっても自分のそばにいてくれる存在は本当に有り難いものです。

人生って分からないもので、その日幸せだと思っていても翌日幸せじゃないかもしれません。でもその逆もあるから毎日がんばって生きていけるのだと思います。私も何気ない日常を過ごしていた中学生のある日突然、母が病院で余命半年、持って一年と診断され、驚くという次元ではなく、嘘か何か悪い夢でも見ているのかと信じられませんでした。それまでの何気ない日常がどんなに幸せだったかということに初めて気付き、毎日皆でごはんを食べたり同じ時間を共有する…というそれだけのことがどんなに幸せなのかどんなに有り難いことなのかを痛感しました。それから、私は毎日家族のごはんを作ることになり料理本と向き合って試行錯誤しました。料理は急に作れるようになるものではないので、父母私弟妹妹の6人家族だった私は慣れるまで本当に大変でした。でもせっかく作るなら美味しいを食べて欲しいという一心で作りました。美味しいものを食べれば自然と笑顔になれるし、美味しく食べて健康でいれたら何よりだとそう思います。結局、母はそれから新しい薬や闘病の末その病気では異例の7年半もの間生きていてくれました。自分が一番辛いはずなのにたくさんの笑顔をくれた母のように私は立派ではないけれど、うちの店に来て下さる方に毎日のごはんや生活の中に、ほんの少しでも安らぎを感じてもらえるお手伝いができたら…と願っています。人生辛いことも多いけれど、小さなことも幸せだと感じられたらきっと幸せなはず。今日は辛いことがあったとしても明日はきっといいことがあるはず。

「ぴょんぴょこぴょん」という店名はよく笑われてしまいますが、三段跳びのイメージでぴょんぴょこぴょーーんと前へ進んで、いつもの暮らしに小さな幸せをお届けできたら大きな幸せに繋がるはず。そう思い命名しました。これからも小さな幸せをたくさんお届けできるようがんばりたいと思います。

|

« レミーのレストラン 再び。 | トップページ | ビアホールへ »

コメント

いつも一緒に・・・、いいですね。
私もいつも一緒にいます。
食器はもちろんのこと、枕やアイピロー、つぼ押し棒や貯金箱までうさぎさん・・・。
身の回りのほとんどのものにうさぎがいます。
うさぎに囲まれて幸せすぎます。
なので、そんな幸せに感じられる空間を持つお店、「ぴょんぴょこぴょん」が私は好きですよ。
毎年一度しか訪れることができないのが残念です。
感じる幸せは人それぞれでしょうが、何かしらの幸せを訪れた人にお届けできていると思います。
ですから、これからも志を大切に頑張ってくださいね。

投稿: 斐狭耶 | 2008.08.04 22時31分

初めてコメントさせていただきます。
ぴょん吉さんとても感動しました!    確かに人生なんて明日どうなるかなんてわかりませんよね。辛いこともあれば、楽しいこともあり・・・。
ぴょん吉さんのブログを読んで、改めて日々生きていく大切さを実感しました。
またお店の方にも寄せて頂きますね(^-^)
私も「ぴょんぴょこぴょん」が大好きです(*^_^*)これからもらっこ社長と力を合わせて頑張って下さいね(^O^)/ 

投稿: なかむらえみ | 2008.08.04 23時04分

ひさやさんへ
ありがとうございます!いつも一緒…幸せなことだと思います。狭い世界に生きているので自分の進んで来た道・進もうとしている道が正しいのかいつも不安になってしまうのですが、本当に頂戴したお言葉に救われます。これからも初心を忘れずがんばっていきます!

投稿: ぴょん吉 | 2008.08.05 01時10分

なかむらえみさんへ
ありがとうございます!いろんなことがありますが、毎日をめいっぱい生きていきたいですね。またぜひ店に遊びにいらして下さいませ。らっこ社長と力を合わせて安らぎを感じてもらえるような店作りをがんばりますo(^-^)o

投稿: ぴょん吉 | 2008.08.05 01時50分

朝から暑さにイライラしてたけど、うさぎさんの記事読んでジ~ンとして暑さ忘れそうでした。

特にうさぎが好きだと意識したことないんやけど、器にお箸、帯に着物・・・暮らしの中にたくさんうさぎが同居しています。
あのやさし~い感じになんとなく引き寄せられるんでしょうね。

ぴょんぴょこぴょんさんから幸せ、十分届いてまぁす。いつもおおきに。

あの・・・売れ残ってたっていうらっことうさぎ、めちゃくちゃ可愛いなぁ。お二人を待ってたんやわぁ~ご縁やね。

投稿: たま子 | 2008.08.05 08時23分

たま子さん姉さんへ
ありがとうございます!本当にびっくりするくらい暑くて汗だくになって過ごしていますが、こうやって汗かいて美味しいビールが飲めて本当に幸せなんですよね。今日は聞いていたので浴衣に姉さんから頂戴した帯〆をしてちらっと歌舞練場を覗いてきました。今年から三徳利ではなく京都限定地ビールになっていて残念でした。。。こちらこそいつもおおきに。売れ残り二匹を見た時は何だかかわいそうで一度店を出たのですが、引き返してしまいました。ははは…^^;

投稿: ぴょん吉 | 2008.08.05 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レミーのレストラン 再び。 | トップページ | ビアホールへ »