« そえぶみ箋 完成!! | トップページ | 赤部焼到着! »

2008.06.22

北山へ。

080622_137

今日は朝から用事で北山へやってきました。予定よりも少し時間があったので行ってみたかった京都府立陶板名画の庭へ。建物も安藤忠雄氏設計なのでそちらも一緒に見学しました。

080622_063

鳥羽僧正作 「鳥獣人物戯画」

こちらには、9点の名画を忠実に再現した陶板画が鉄筋コンクリート造の庭園(と言っても緑は少なく水が流れる)に展示されています。この鳥獣人物戯画は、原寸を約2倍に拡大し作られているため実物よりも一つ一つの絵が見やすくユーモラスに見えるように感じました。

モネ作 「睡蓮 朝」はなんと水中に!頑丈な陶板画ならではの展示方法で、オランジュリー美術館の展示方法とはまた違った面白さがありました。

080622_072

レオナルド・ダ・ヴィンチ作 「最後の晩餐」

080622_079

ダヴィンチ・コードではこの絵の中央二人にメッセージが描かれているとかいないとか…

080622_103

スーラ作 「ラ・グランド・ジャット島の日曜日の午後」

080622_116

ゴッホ作 「糸杉と星の道」

この絵はゴッホの肖像画ととても近いタッチで描かれた作品で、他にはルノワール作 「テラスにて」やミケランジェロ作 「最後の審判」が展示されています。

080622_152

…まだ少し時間があったので近くのカフェで休憩しました。行ったのはpoint pour point(ポワン・プール・ポワン)で店内の雰囲気が大好きなカフェです。注文したのは蜂蜜レモンソーダとチーズケーキでとっても美味しくのんびりできました。

080622_158

そして本日の目的地 京都コンサートホールへ。妹と合流し父の所属する市民オケの定期演奏会を聞きにやって来ました。今回の曲目は、ブラームスの「ハンガリー舞曲」、シュトラウスの交響詩「ドン・ファン」、ブラームスの「交響曲第二番」でした。感想は…さけるチーズが食べたくなりました*^^*(以前、雪印のさけるチーズのCMでハンガリー舞曲 第五番が使われていたので)途中から頭の中にはチーズをさく絵が…^^;

実はぴょん吉が母のおなかの中に居た時(産まれる前日も)から定期演奏会を聞きに行ってまして、毎年聞きに行くのが恒例行事となっています。なぜか産まれる前日のパンフレットに掲載された父の名前が間違ってまして○△のはずが○子となっており、翌日に産まれたので○子にしたとか聞かされています^^;半日休ませてもらったので、帰って模型作りがんばらなくては。

|

« そえぶみ箋 完成!! | トップページ | 赤部焼到着! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そえぶみ箋 完成!! | トップページ | 赤部焼到着! »