« よるバスが走ります。 | トップページ | こたつの季節になりました。 »

2007.12.02

白菜の炊いたん

071202_050

昨日たま子さん姉さんから頂いた白菜をおあげと炊きました!無農薬の白菜なので虫食いがあってやっぱり安全な食べ物はいいなと。自然な甘みがあって味付けにお砂糖いらずでした*^^*いつもおおきに!

071202_067

  071202_080

牡蠣フライ 今日は身が小ぶりだったのでたくさん揚げました。やっぱり揚げたては美味しい~。こーすけさんご夫婦から頂いた柚子を絞ってタルタルソースをかけていただきました。

071202_096

先日作った豚の角煮の残りにお豆腐を入れてぐつぐつ。味が染んで( ´(00)`)v

いつも夜ごはんのメニューはたいてい、買い物に行ってから決めるのですがいいものがなかった時は何を作るかなかなか決まりません。作りながら考えている時も多々^^;でもこれが作りたい!!食べたい!!という時は作りすぎるので数日食べることになるので、献立を決めるのって難しいですね。。。

|

« よるバスが走ります。 | トップページ | こたつの季節になりました。 »

コメント

こんにちわ。師走なのに、紅葉の便りが京都の友達から、、。なんだか不思議な気持です。
白菜の炊いたん。寒くなると「焚く」とか「煮込む」とかそういうことがしたくなりますね。先日、何気なく「今日はカボチャを炊いたんや」と友達に言ったところ、「関西だねー」と言われてしまいました。彼女は横浜の人。そっか、、「焚く」というのは、関西の言葉に聞こえるらしいです。知らなかった。
普通に、何気なく使って来た言葉。「炊いたん」。

へーって思ったと同時に、なんだか嬉しくなりました。
いいですね。炊いたん、って言葉。おばんざいらしいじゃないですか。

お料理、本当にお上手で。いつもとても感心。らっこ社長がうらやましいです。
暮れは京都です。うふふ、、

投稿: ゆみこです。 | 2007.12.04 07時47分

ゆみこさんへ
こんばんは。今年の京都の紅葉は遅く、何だか秋を通り越して師走になったような感じです。南座にまねきが上ったのを除けば、師走という風情はあまりありません。でも、段々と寒くなってきたので温かいものが食べたくなります。私も普通に「炊いたん」と言いますが、最近では京都らしさを出すために食べ物やさんのメニューにもそう書かれています。「炊いたん」って言葉は分かりやすくていいですよね。料理は食べるのが好きなのでがんばってます!でも、閉店30分前くらいから作るのでいつも大急ぎで盛り付けが…^^;暮れにお越しの際にお近くを通られたら覗いて下さいませ。うさ吉が玄関で大掃除しながらお迎えしていると思います*^^*

投稿: ぴょん吉 | 2007.12.04 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« よるバスが走ります。 | トップページ | こたつの季節になりました。 »