« うさぎのクリスマス | トップページ | 男の料理 »

2006.12.25

「ありがとう」

いつもの様にお店番中。一組のお客様がご来店されました。

男性の方は外国の方のようで女性の方は日本人の方。

ご夫婦のようでいろいろなうさぎを見ながらお話されていました。

その中から一匹のうさぎをご購入頂きました。

「プレゼント用ですか?ご自宅用ですか?」とお伺いすると

『自分用です』とのお答え。

「かしこまりました。」

そのままプレゼントのラッピングをさせて頂きました。

『わー!かわいい。』と喜んで頂きお会計を済ませて店の外へ。

「おおきに~」

『ありがとう』と言って店を出られる瞬間、

男性の方がさりげなく(お先にどうぞのポーズ)

女性の方は先に店の外に出られ、レディーファーストの習慣が

板についていはるな~と見ていると男性の方が後ろにあった

カードを差し出され『これも下さい。そのままでいいです』と。

クリスマスカードかな…と思い手に取るとぴょん吉手描きの

《いつも言えないけど ほんとうにありがとう》のメッセージカード。

女性の方に気付かれないようにサッとお会計。そのままの状態で

ご容赦頂き店の外へ。なんともさりげない優しさと思いやりが

伝わってきて、こちらまで嬉しい気持ちになれました。

「ありがとう」は相手に感謝を表すとても大切な言葉なのに、

慣れた関係ならなおさらきちんと使えていないように思います。

自分のためにしてもらっていることに当然なんて何もなくて、

私がこの世に存在し人生を全うできているなにもかも、自分を

取り囲んでくれている人の助けや愛情を受けているという事。

言うことも聞くことも慣れているけれど、自分を取り囲んでくれて

いる人に対し感謝の気持ちを忘れてはならないと痛感しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私とうさぎ屋に繋がる全ての方と全てのうさぎさん。

「いつも言えないけど ほんとうにありがとう」

「いつもちゃんと言えてへんけど ほんまおおきに

 これからもどうぞ よろしゅうおたの申します」

|

« うさぎのクリスマス | トップページ | 男の料理 »

コメント

いいってことよ。

投稿: とくのう | 2006.12.25 15時43分

とくのうさんへ
よろしゅうおたの申します。

投稿: ぴょん吉 | 2006.12.26 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うさぎのクリスマス | トップページ | 男の料理 »