« 寄せて頂きました「長竹」さん | トップページ | 満月SALEに関するお詫び »

2006.08.09

郡上八幡 二度目

今年2日目の夏休みを頂き、再び郡上八幡へ行って来ました。

Photo_662

水の町として、最近CMや新聞にも採り上げられています。

郡上八幡の水舟。清流を用途別に使い分けてゆく仕組み。

町中にこの仕組みが用いられ、水と共に生きる町です。

Photo_636

無事に到着。旅館の縁側に座って休憩。

Photo_637

ほっと一息。

Photo_638

晴天が続いていたこともあり、水量は少なめ。

Photo_643

ジャーーーンプ!!

Photo_645

二人揃ってジャンプ!!飛び方に性格でてます^^

2_9

恒例の鮎の塩焼き。あ~~っ、おいしい!!

Photo_646

ぴょん吉も足を浸けて涼みました。冷たいっ(><)

Photo_647

何とも言えない清涼感。涼やかです。

Photo_655

この透明感。すごい!!!

Photo_650

冷たくて気持ちいい~。

Photo_653

水しぶきがきれいな1ショット。

Photo_654

おやつにかき氷を発見!!水がきれいなので氷もおいしい。

Photo_657

いがわこみちを散歩。いつ見ても用水路とは思えない。

Photo_658

えさを購入し、鮎に数粒あげると飛び跳ねる。のどかな光景。

Photo_659

鯉はえさの争奪戦。あまり優雅ではない光景^_^;

Photo_661

水路に清流が流れ、鮮やかなのに涼しげ。

Photo_663

井戸水は驚くほど冷たく、気持ちがいい。

今回の郡上八幡旅行は、うさぎのアトリエぴょんぴょこぴょんで

一番人気の作家先生ご家族をお誘いしたのでお夕食は6名で

賑やかに頂きました。

Photo_666

女将さんの手書きの郡上の詩。

Photo_667

かわり豆腐雲丹のせ

Photo_668

お造り

Photo_670

夏野菜の天ぷら

_384

冷たい炊き合わせ

Photo_671

鱧の椀物

Photo_672

鮎の塩焼き6名分!!待ってましたー!!

Photo_673

絶品です。焼きたての鮎をパクッ。

Photo_674

飛騨牛のすき焼き。おいしく頂きました。

8月7日は郡上八幡の花火大会。

食後、踊り前に城山から打ち上げられる花火を楽しみました。

Photo_676

空が澄んでいるので、一際鮮やかに見えました。

Photo_677

みんな浴衣で花火見物。

Photo_678

滝花火を飛び込み橋にて見物。

らっこ社長も浴衣を新調したので、帯の結び方をお茶屋さんの

若女将ねぇさんに教えて頂き練習。。。(お世話になりました)。

格好は踊れそうな人なのですが、いざ挑戦!!

Photo_681

踊りの振り付けビデオに収録されている4曲は格好になっていると

思うのですが、他の曲はキョロキョロしながら踊りました。

花火大会後ということもあり人が多く、大盛り上がり。

Photo_680

「郡上踊」の提灯が掛けられ、町の夏夜は踊り一色。

Photo_634

翌朝の朝食後、小駄良川に散歩。冷たくて心地いい。

Photo_687

帰り際に、魚屋で朝一焼きたての鮎を全員で頂く。

Photo_688

郡上踊り教本&CD。らっこ社長が欲しかったらしく購入。

この教本でビデオに収録されていない踊り方が判明するはず。

来年はちゃんと踊れるように、食後の運動がてら練習しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

郡上八幡はNHK大河ドラマ「功名が辻」(原作 司馬遼太郎)にも描かれた山之内一豊の妻 千代(見性院)の出生の地であるとされている。(幾つか説があるが、「寛政重修諸家譜」の遠藤氏の系図に山内一豊室の記載があり、美濃郡上の城主・遠藤盛数の娘という説が現在は最有力である。)郡上八幡城は戦国時代末、遠藤盛数が築城したもの。戦国時代、山之内一豊の妻として夫を支えた千代の人格はこの清流の地で形成されたもののように思う。清らかで真っ直ぐな千代のアイデンティティは水の生れるこの町だからこそ形成されたと思いたい。郡上踊りの起源はさだかではないが、1627(千代が没後10年)頃とされている。その頃から永い時代を語り踊り繋いできたこの美しい町がとても好きだ。

|

« 寄せて頂きました「長竹」さん | トップページ | 満月SALEに関するお詫び »

コメント

わ~すごぃ(o^^o)
楽しかったようで、よかったですねぇ(^∀゜)/

投稿: しーちゃん | 2006.08.11 23時59分

ありがとうございます。
短い夏休みを満喫できました。

投稿: ぴょん吉 | 2006.08.12 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寄せて頂きました「長竹」さん | トップページ | 満月SALEに関するお詫び »