« 檜扇を生ける | トップページ | 今日もかつお。。 »

2006.07.14

曳き初めへ

知人に誘って頂き、曳き初めに参加させてもらうことができた。

他の鉾を見学しながら、家から歩いて目的地へと向かった。

Photo_483

「月鉾」 月と書かれた提灯が並んでいます。

Tenugui

月鉾の揃いの浴衣と同じ柄のてぬぐいが販売していました。

月にちなんでうさぎ柄。もちろん購入、ぴょんぴょこの店頭に飾っています。

Photo_484

「長刀鉾」 現在、祇園祭の鉾に生(いき)稚児が乗るのはこの鉾だけ。

Photo_486

「船鉾」 鉾が船形をしていて巡行は、どんぶらこ~どんぶらこ~

     …という感じでまさに海を進む船の様です。

Photo_485

「岩戸山」  岩戸山にて付近の小学生、保育所の園児ら、住民の方々に加わらせて頂きぴょん吉も曳き初めに参加。祇園囃子がとても心地よく、今年も京都に夏がやってきたと実感。京都では7月になると、百貨店やスーパー等のBGMもほとんどお囃子に変わる。

コン コン チキチン コン チキチン…。

「……エーン ヤーラ ヤー」の掛け声に合わせて綱を引く。

_108

曳き初めが終わり、小学生が囃子に合わせて団扇を使って踊りを披露してくれた。とてもかわいらしく、こういう取り組みが後世に伝統を受け継いでいくために必要なのだと痛感した。

Photo_487

帰宅し夕食。いい汗かいた後のビールは最高です♪

とても充実した一日でした。

|

« 檜扇を生ける | トップページ | 今日もかつお。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 檜扇を生ける | トップページ | 今日もかつお。。 »