« ぴょん吉 中華ごはんとVSピーマン | トップページ | 金のうさぎ が仲間入り »

2006.06.14

干琥珀 栗・豆

Okasi

裏のお琴のお師匠さんから

永楽屋さんのお菓子『干琥珀 栗・豆』を頂く。

今日のお昼のおやつにぱくっと。

うーーん、美味しい。

|

« ぴょん吉 中華ごはんとVSピーマン | トップページ | 金のうさぎ が仲間入り »

コメント

ちょうど今朝の新聞にこのお菓子が載っていました。
それによると「炊いて蜜漬けした豌豆、グレープフルーツ、栗、柚子の春夏秋冬を閉じ込め乾燥させた。半透明の繊細な干し具合、素材の浮かせ方に職人の技が光る」ということです。
“素材の浮かせ方”ってところになるほどねーと思いました。

投稿: もこ | 2006.06.15 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぴょん吉 中華ごはんとVSピーマン | トップページ | 金のうさぎ が仲間入り »